小型のカミキリムシを2種

キクスイカミキリ キクスイカミキリ ベニカミキリ 

4月も下旬になると足元に生えているいろいろな草がどんどん伸びてくるのを実感できる。草の葉の上の、小さなカミキリムシをよく見る季節。 キクスイカミキリは体長10mm程度の小さなカミキリムシで、キク科の植物によくついている。 […]

ヨコヅナサシガメが羽化中

ヨコヅナサシガメ ヨコヅナサシガメ ヨコヅナサシガメ 

桜の幹ではヨコヅナサシガメが続々と羽化して成虫化している。 蛾でもとまっていないかな、と思って桜を見ると、鮮やかな朱色をした物体を発見。近寄るまでもなく、ヨコヅナサシガメが羽化している最中だった。 羽化にはあまり時間がか […]

ヒゲブトハナムグリ (2016)

ヒゲブトハナムグリ ヒゲブトハナムグリ ヒゲブトハナムグリ 

体長に比べて立派なヒゲ(触角)をもつ、ヒゲブトハナムグリ。天気がよくて気温が上がったせいもあるのか、たくさん出てきていてブンブン飛んでいた。 ヒゲブトハナムグリは、東京では4月の下旬になると登場してくる、体長8~10mm […]

ミドリヒゲナガ (2016)

ミドリヒゲナガ ♀ ミドリヒゲナガ ♀ ミドリヒゲナガ ♀ 

クロハネシロヒゲナガよりは2週間ほど早く出てくるミドリヒゲナガ。今年はあまり見つけることができなかった。 今年最初に見ることができたのは、♀の個体だった。しょうしょう薄暗い林の中で、ユラユラ飛んでいるのを見つけて、MZD […]

クロハネシロヒゲナガ (2016)

クロハネシロヒゲナガ ♂ クロハネシロヒゲナガ ♂ クロハネシロヒゲナガ ♂ 

今年もクロハネシロヒゲナガをたくさん見ることができた。新緑の季節に明るい草原に現れる妖精といったところ。 ♀は他のヒゲナガ蛾と同様に触角が短く、付け根の部分が太く見える。触角自体が太いというより、ビロード状の毛に包まれて […]

ギンイチモンジセセリ

イチモンジセセリ コチャバネセセリ ギンイチモンジセセリ 

東京では、4月の半ば過ぎから登場するギンイチモンジセセリ。ヨシやススキがしっかり残っている河原や田んぼの周りにいる。 「ギンイチモンジ」という名前は、黄土色の後翅に鮮やかな白い一本線が走っていることからきているのだろう。 […]

キンラン(2016)

キンラン キンラン キンラン 

近所の森で今年もキンランが咲き始めた。去年よりも10日間ばかり早いかもしれない。やはり同じ森で咲くギンランの姿はまだ見ていないが。 イヌシデやカエデの若葉が育って、それなりに木陰を作り始めると咲きだすような気がする。たま […]

トビケラを3種類

ヒゲナガカワトビケラ ニンギョウトビケラ ニンギョウトビケラ 

河原の草花に目をやりながらゆっくり歩いていると、しばしばトビケラの仲間を目にする。 よく目にするトビケラで、翅は黒く、白黒シマシマの触角(ヒゲ)が長い。また目玉が赤い。写真の状態で、頭の先から翅の先までの長さが10~12 […]