オナガバチの産卵風景

   

オナガバチ (尾長蜂) は、ヒメバチ科オナガバチ亜科に属する蜂の種類の総称で、メスは体長よりも長い産卵管を備えている。この産卵管を朽木の穴に差し込んで産卵し、木を食べる昆虫(カミキリムシなど)の幼虫に寄生させる。オナガバ […]

アカシジミ

   

アカシジミ (赤小灰蝶, Japonica lutea) もウラナミアカシジミやミズイロオナガシジミと同様に、かつてゼフィルス属と呼ばれた蝶の仲間。やはり樹上で生活する蝶なのだけど、川に近い湿地にいたところを撮影できた。 […]

ウラナミアカシジミ

   

ウラナミアカシジミ (裏波赤小灰蝶) は、ミズイロオナガシジミなどと同じくクヌギなどの樹上で生活するシジミチョウの一種で、学名が Japonica saepestriata となっている。 この種族の蝶の成虫はこの時季に […]

ミズイロオナガシジミを近くから

   

いつもより早く出て、通勤経路をちょっと変更して遠回りしてみたところ、柵の上に羽化して間もないと思われるミズイロオナガシジミがいた。 蜘蛛の糸に囲まれているが、ぜんぜん気にしていない様子。ただ、翅の手前にも糸があるので、レ […]

小さい甲虫いろいろ

   

春先から最近までに見た、ハムシでもカミキリムシでもテントウムシでもない小さな甲虫(コウチュウ)をいろいろと。 トラフコメツキ ( 虎斑叩頭虫, Selatosomus onerosus ) 。体長8mm程度。3月の半ば過 […]

ミズイロオナガシジミ

   

近所をブラブラしていたら、クヌギの木の近くにミズイロオナガシジミ (水色尾長小灰蝶, Antigius attilia ) がとまっていたので撮影した。 ミズイロオナガシジミは年に1回、この時季にだけ羽化して夏の間にのみ […]

ヒロオビトンボエダシャク

   

初夏の強い陽射しの中、蛾が羽化していたり交尾していたりで何かと忙しい今日この頃。通勤中にふと見ると、柵の下でヒロオビトンボエダシャク (広帯蜻蛉枝尺蛾, Cystidia truncangulata) が羽化して翅をふる […]

交尾中のクチバスズメ

   

今朝の通勤途上、公園の中の看板でクチバスズメが交尾していた。 先週の土曜日(2015/5/23)に羽化したばかりと思われるクチバスズメを複数見ている。一斉に羽化が進み、オスメス揃ったところで早速交尾に入った模様。 腹の太 […]