「その他のコウチュウ」タグアーカイブ

冬のウバタマムシを深度合成

深度合成の実験 ウバタマムシ ウバタマムシ 

タマムシの仲間のウバタマムシを漢字で書くと、姥玉虫だろうか。たしかに年老いたような地味な昆虫の印象がある。 5月にも見たことがあるのだけど、ウバタマムシと遭遇するのは冬の間が多い。1枚目の個体は、桜の幹についたヒロバフユ […]

カツオゾウムシ

カツオゾウムシ カツオゾウムシ カツオゾウムシ 

カツオゾウムシは体長10mmくらいのオレンジ色のゾウムシの仲間。オレンジ色といっても、黒っぽい体表の上にオレンジ色の粉をまとっているだけ。 湿地に生えるミゾソバの葉の上にオレンジ色の細長い何かがいるのが見えた。近づいてよ […]

ヒメスギカミキリと似た虫

ヒメスギカミキリ ヒメスギカミキリ ヒメスギカミキリ 

木々が豊かな公園で小さな赤いカミキリムシを見つけた。 取り換えられたばかりでまだ白いロープに上に、体長10mm程度の前翅が赤いカミキリのようなムシを発見。つい最近、肉眼では同じように見えるアカハネムシに遭遇していたので、 […]

アカハネムシの一種

シマサシガメの幼虫 シマサシガメとアカハネムシ アカハネムシ 

そろそろオナガバチかカミキリでもいないかなと思って、伐採された木材が積んであるところを見に行くと、何やら赤が目立つ虫がいた。 最初はカミキリまたはカミキリモドキの仲間、あるいはジョウカイボンかハムシの仲間?とか思って調べ […]

ハイイロチョッキリ

   

いつも通る雑木林を残した公園の木陰にハイイロチョッキリが隠れていた。この公園にはコナラの木が10本ほど生えていて、今年の夏の間もカブトムシやらクワガタムシやらにたまに遭遇した。最近の本命?は、二週間ほど前に撮り逃がしてし […]

コフキゾウムシ

   

コフキゾウムシ (粉吹象虫, Eugnathus distinctus) は小さい甲虫類であるゾウムシの仲間で、この時季クズの蔓が伸びて葉がはびこりはじめると、よく目につくようになる。 もともとの地の色は黒なのだけど、白 […]

小さい甲虫いろいろ

   

春先から最近までに見た、ハムシでもカミキリムシでもテントウムシでもない小さな甲虫(コウチュウ)をいろいろと。 トラフコメツキ ( 虎斑叩頭虫, Selatosomus onerosus ) 。体長8mm程度。3月の半ば過 […]

アオグロカミキリモドキとキイロクビナガハムシ

キイロクビナガハムシ   

4月になり不順な気候が続く東京地方だが、確実に気温は上昇してさまざまな昆虫の活動を目にするようになった。その中で、小さな虫を2種。 イヌシデの木の幹に7,8mmの小さくて青い虫がいた。マクロレンズを通してみると、なかなか […]